未分類

豊富な栄養分

スーパーフードは栄養分がかなりたくさん含まれていることが一般的なのですが、その中でもスーパーフードの王様と呼ばれているスピルリナにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。詳しく説明していこうと思います。

タンパク質が多いことは以前にも紹介していますが、実はスピルリナは5大栄養素を全て含んでいるのです。5代栄養素というのは、タンパク質と糖質、ミネラルとビタミン、脂肪になります。タンパク質やビタミン、ミネラルはわかるけれど、糖質や脂質はいらないのではと考えている人もいるでしょう。体に悪くて太りやすいというイメージのある糖質や脂質ですが、確かに過剰摂取すると、病気の原因や太る原因になります。

しかし、適量摂取は必要不可欠な栄養成分だと言えるでしょう。この中でもビタミンとミネラルはたくさんの種類が存在しています。特にミネラルはカルシウムや鉄分など、体には必要不可欠な成分が多いのです。

そんなミネラルの中でも、カルシウムと鉄分、マグネシウムと亜鉛が多くなっているのがスピルリナの特徴です。このようにたくさんの栄養素が含まれており、しかもバランスがよくなっているということで、スピルリナはスーパーフードの王様と呼ばれているのです。現代人にはとてもふさわしい食材だと言っても過言ではありません。

未分類

スーパーフードの種類

スーパーフードはスピルリナだけではありません。他にもいろいろな種類が存在しているのですが、どのような種類があるのでしょうか。よく知られているところでは、マカやクコの実、カカオやココナッツなどがあります。最近出始めてきた食品であれば、ブロッコリースプラウトと呼ばれているブロッコリーの新芽が存在しています。現在ではスーパーでも売られているので、実際に食べたことがあるという人も多いでしょう。

他にもアサイーという食材も最近出始めてきて、スーパーなどで販売されているのを見たことがある、もしくは購入して食べたことがあるという人もいると思います。麻の実もスーパーフードとして知られていますし、中にはあまり知られていない種類もあるのです。例えばチアシードやカムカムという種類もその1つなのですが、健康に興味がある人であれば知っているでしょう。

また、珍しい食材を見つけると、つい購入してしまうと人や、よくインターネットで調べているという人も知っている食材だと言えます。これらの食材が主なスーパーフードとなっているのですが、現在世界中で注目されているのがスピルリナなのです。健康食品としても販売されていますし、インターネットが気軽に使用できる現在であれば、気軽に購入できるでしょう。

未分類

発祥の地はどこか

健康によい食材の宝庫と言われている日本ですが、当然日本発祥の食品や食材もたくさん存在しています。スーパーフードの1つであるスピルリナは、藍藻類の一種と言われているので、藻類を食べている人が多い日本が発症ではと思っている人も多いでしょう。しかし、スピルリナは日本が発症ではありません。発祥の地はアメリカという説もありますし、カナダという説もあります。

このように発祥の地がアメリカとカナダという2つが存在する場合、大体アメリカが発祥の地とされてしまうことが多いでしょう。そのため、アメリカでスーパーフードとして認められていることが重要になっているのです。しかし、実際に注目され始めたのは1980年代の頃で、日本では昭和末期の頃だと言えるでしょう。それほど歴史があるというわけではなく、つい最近になって注目され始めたのです。

では、日本ではいつごろから注目され始め、商品として販売されるようになったのかというと、実は2000年ごろからだと言われています。かなり新しいので、比較的売られている健康食品の数は多くなってきてはいますが、他のサプリメントなどと比べると、まだ数は少ない方に分類されてしまいます。今後はもっと増える可能性が十分あるでしょう。

未分類

スーパーフードの定義

最近はむやみやたらと横文字を使用する傾向にあるので、中には意味の分からない言葉や、このような意味だと分かっていても、具体的にはわからないという物が多くなっています。スーパーフードもその1つでしょうが、食べる物というぐらいはわかるでしょう。では、どのような物がスーパーフードなのでしょうか。実はきちんと定義が存在しているのです。それは栄養のバランスがとてもよく、一般的に食べられている食品よりも栄養価が高いことです。

それだけではなく、一部分の栄養素がとても高くなっている物もスーパーフードと呼ばれています。もちろん一部分とは言っても、他の栄養素が低ければスーパーフードとは呼べません。また、料理の食材として普通に使用できることと、健康食品にも使用できることが重要です。これがスーパーフードの定義なのですが、昔から健康によいとして食べられているという点も大切になります。これに当てはまる食品の1つがスピルリナになっています。

スピルリナは30億年前から存在してる藻類で、アステカ王国時代には食べられていたと言われていることから、昔から食べられていたという点はクリアしています。タンパク質の量が非常に高く、他の栄養素もバランスよく含まれていることから、しっかりとスーパーフードの定義に当てはまる食品だと言えるでしょう。当サイトではスーパーフードの中でも、スピルリナに注目していろいろと紹介していくので、興味のある人は参考にしてほしいと思います。