未分類

スーパーフードの定義

最近はむやみやたらと横文字を使用する傾向にあるので、中には意味の分からない言葉や、このような意味だと分かっていても、具体的にはわからないという物が多くなっています。スーパーフードもその1つでしょうが、食べる物というぐらいはわかるでしょう。では、どのような物がスーパーフードなのでしょうか。実はきちんと定義が存在しているのです。それは栄養のバランスがとてもよく、一般的に食べられている食品よりも栄養価が高いことです。

それだけではなく、一部分の栄養素がとても高くなっている物もスーパーフードと呼ばれています。もちろん一部分とは言っても、他の栄養素が低ければスーパーフードとは呼べません。また、料理の食材として普通に使用できることと、健康食品にも使用できることが重要です。これがスーパーフードの定義なのですが、昔から健康によいとして食べられているという点も大切になります。これに当てはまる食品の1つがスピルリナになっています。

スピルリナは30億年前から存在してる藻類で、アステカ王国時代には食べられていたと言われていることから、昔から食べられていたという点はクリアしています。タンパク質の量が非常に高く、他の栄養素もバランスよく含まれていることから、しっかりとスーパーフードの定義に当てはまる食品だと言えるでしょう。当サイトではスーパーフードの中でも、スピルリナに注目していろいろと紹介していくので、興味のある人は参考にしてほしいと思います。