未分類

発祥の地はどこか

健康によい食材の宝庫と言われている日本ですが、当然日本発祥の食品や食材もたくさん存在しています。スーパーフードの1つであるスピルリナは、藍藻類の一種と言われているので、藻類を食べている人が多い日本が発症ではと思っている人も多いでしょう。しかし、スピルリナは日本が発症ではありません。発祥の地はアメリカという説もありますし、カナダという説もあります。

このように発祥の地がアメリカとカナダという2つが存在する場合、大体アメリカが発祥の地とされてしまうことが多いでしょう。そのため、アメリカでスーパーフードとして認められていることが重要になっているのです。しかし、実際に注目され始めたのは1980年代の頃で、日本では昭和末期の頃だと言えるでしょう。それほど歴史があるというわけではなく、つい最近になって注目され始めたのです。

では、日本ではいつごろから注目され始め、商品として販売されるようになったのかというと、実は2000年ごろからだと言われています。かなり新しいので、比較的売られている健康食品の数は多くなってきてはいますが、他のサプリメントなどと比べると、まだ数は少ない方に分類されてしまいます。今後はもっと増える可能性が十分あるでしょう。